このサイトでは、新型出生前診断でわからないことや不安なことなどを丁寧に説明しています。
まだまだ大切な時期に検査を受ける妊婦の心と身体にどのような負担がかかるのか、また胎児への影響など心配はつきないものです。
そのような状態で受けるよりも、事前にどのようなことを考えておくべきか、陽性だったときにはどうするべきかを知っておおくことが大切です。
夫婦で考えるべきこと、家庭での考え方など検査でわかったときにどうすればいいのかを理解しておきましょう。

新型出生前診断で陽性が出たときに考えること

新型出生前診断で陽性が出たときに考えること 新型出生前診断でもし陽性が出たときには、どうすればいいのかをきちんと考えておくことが大切です。
胎児は迷っている間にどんどん成長していきます。
そのため、母体への負担も考えてどうするべきなのか、また陽性だったとしても出産するならその後どうやってケアをしていくのか、など考えるべきことはたくさんあります。
新型出生前診断では、胎児の病気や症状、生まれた後に起こる可能性が高いことなど色々なことを見つけることが可能です。
まずは出産するかどうか、出産は母体への負担がかかるだけではなく赤ちゃんにも負担がかかります。
もちろん、もし陽性だった場合は出産後の両親や周囲の生活も変化あるでしょう。
生活だけではなく、金銭的な負担なども考えなければいけません。
様々なことを考えなくてはいけないので、まずは親である二人で意思を確かめておくといいです。

新型出生前診断の結果で陽性となった場合でも確定診断が大切

新型出生前診断の結果で陽性となった場合でも確定診断が大切 念願の赤ちゃん誕生となったとき、極まれではあるけれどもダウン症候群の疾患を持つ赤ちゃんが生まれて来ることがあるといいます。
ダウン症候群とは、奇形症候群の一種で染色体が47本、過剰染色体が21番染色体などの特徴を持ち、特徴的な顔貌をしているのも大きな特徴の疾患です。
ダウン症候群は発達障害なども併発するのですが、心疾患や消化管奇形などの合併症を患うこともあり、寿命としては50歳から60歳などといいます。
出生前診断を受けることで、ダウン症候群の可能性を確認することができるのですが、出生前診断の中でも新型出生前診断と呼ばれる方法では高い確率でダウン症候群や18トリソミーもしくは13トリソミーの可能性を把握することができるようです。
新型出生前診断で結果が陽性となったとき、それをイメージすることは大変難しいものがありますが生まれたときに知るのとは異なり気持ちの整理ができるなどのメリットがあるのではないでしょうか。
ちなみに、人間には46本の染色体があり、それぞれ2本1組対をなす構成を持つのですが、2本の染色体を両親から受け継ぐときにある番号の染色体が3本になってしまうことをトリソミーと呼び、21番の染色体が3本になっているのものがダウン症候群と呼ぶ疾患です。
なお、新型出生前診断で結果が陽性になった場合でも、妊娠15週目以降には確定診断を受けることができます。

胎児の先天性疾患を調べることができる新型出生前診断

お腹の中の赤ちゃんに先天性の病気があったらどうしようと、不安を感じている妊婦さんは少なくありません。確率的にはとても少ないことは分かっていても、ゼロではありません。現在、DNAを解析することで染色体の異常の有無と、それによって引き起こされる可能性があるいくつかの先天性の病気を検査することができるようになっています。この検査のことを新型出生前診断と言います。
新型出生前診断の方法は、母体から採血した血液の中にあるDNAを測定することによって行われます。そのため母体へのリスクはほとんどなく、絨毛検査や羊水検査のような流産のリスクもありません。しかも精度は非常に高く、新型出生前診断の結果陰性と出れば、赤ちゃんが生まれてくるまで安心して過ごすことができるでしょう。ただ陽性判定が出た場合は、確定的検査として先の絨毛検査あるいは羊水検査を受けなければなりません。これらの検査による流産のリスクは、0.3%~1%ほどです。

新型出生前診断の結果陽性となった場合、まず医師と相談してみよう

お腹の中の赤ちゃんに先天性の病気があったらどうしようと、不安を感じている妊婦さんは少なくありません。確率的にはとても少ないことは分かっていても、ゼロではありません。現在、DNAを解析することで染色体の異常の有無と、それによって引き起こされる可能性があるいくつかの先天性の病気を検査することができるようになっています。この検査のことを新型出生前診断と言います。
新型出生前診断の方法は、母体から採血した血液の中にあるDNAを測定することによって行われます。そのため母体へのリスクはほとんどなく、絨毛検査や羊水検査のような流産のリスクもありません。しかも精度は非常に高く、新型出生前診断の結果陰性と出れば、赤ちゃんが生まれてくるまで安心して過ごすことができるでしょう。ただ陽性判定が出た場合は、確定的検査として先の絨毛検査あるいは羊水検査を受けなければなりません。これらの検査による流産のリスクは、0.3%~1%ほどです。

新型出生前診断と以前の出生前診断はどう違うのか

新型出生前診断を受けようと考えている人はきっと多いのではありませんか。新型と名前についていますが、以前は違った方法でした。新型出生前診断は妊婦さんの血液を使って胎児がダウン症などの可能性があるかを調べます。では、以前の出生前診断とは一体、どのような方法でしょうか。診断方法を見てみると、大きな違いがあることがよくわかります。具体的にどのように調べるのかを知っていますか。 以前の出生前診断は、妊婦さんの羊水や絨毛を検査することで胎児の状態を調べることができますが、これらは流産のリスクがあります。超音波検査は母体の形状を調べられ、母体血清マーカーは妊婦さんの血液を使って検査します。コンバインド検査はこれら両方を行いますが、どれも精度が低いです。新型出生前診断の方がリスクが低い上に陰性の場合はかなり精度が高いです。しかし、陽性の場合は精度が高いとは言えませんので、羊水検査を行なって胎児の状態をより正確な検査の必要があります。

新型出生前診断とは何かとその結果についての夫婦での決断

子供を授かるということは、夫婦にとっては大変重要な問題です。誰もが健やかな子どもの誕生を願います。多くの場合には問題なく子供が生まれてくるわけですが、遺伝的な問題で障害のある子供が生まれてくることがまれにあります。具体的な問題となるものしては、ダウン症候群、エドワーズ症候群、パトウ症候群などが発生する事が言われています。 新型出生前診断は、母親の血液の遺伝子を調べることにより事前に上記のような問題点があるかどうかを明らかとするものです。検査の方法としては血液を採取するだけという簡単なもので、大変安全性も高いという事が知られています。採取された血液の遺伝子を調べることによって、異常がないかを明らかにしようというものです。この新型出生前診断行うことにより、子供の性別をはじめとして事前に子供に遺伝的なことに起因する症状があるかどうかということを知ることができます。そのようなことを知った上で、夫婦で話し合って子供を育てていくかどうかということを決める必要があります。

新型出生前診断を受けるのに適した時期とは

新型出生前診断とは、妊娠している胎児のDNAに問題がないか調べるものです。この結果により、ダウン症など家族に大きな影響を与える病気の有無を早い時期に知ることができます。 新型出生前診断を受けるべきタイミングは10週目以降です。なぜなら診断に用いるお母さんの血液中に、胎児のセルフリーDNAが増えるのが10週目以降だからです。それ以前だと十分な量がないから、正確な診断をするのが難しくなります。医療機関によってはこれを理由に10週に満たない妊婦に対して、新型出生前診断を断っています。診断を希望する医療機関に問い合わせて確認するのがおすすめです。 ダウン症の子供を育てる自信がない場合、堕胎可能なタイミングで新型出生前診断を受ける必要があります。日本の母体保護法では妊娠22週未満と定められています。それ以降になると母体にかかる負担が大きくなることが理由です。事前に確認して医療機関にかかることが大切です。

新型出生前診断で判明する先天性疾患とは?

新型出生前診断という言葉ご存じでしょうか?新型出生前診断とは血液検査によって、3種類の先天性疾患、21トリソミー症候群(ダウン症候群)、18トリソミー症候群、13トリソミー症候群を診断するものです。但し、あくまでも99%と高確率の的中率を誇りますが、100%判明するものではありません。まれに本当は病気を持っているのに持っていないと結果が出る偽陰性や、逆に本当は病気を持っていないのに、病気とでる偽陽性が起こります。従って最終的には確定診断である羊水検査を受ける必要があります。また新型出生前診断は妊娠10週以降にならないと受けることができません。さらにいつまで新型出生前診断をうけなければならないという明確な決まりはありませんが、しかし万が一陽性となった場合に中絶を選ぶとなると、妊娠22週未満までには羊水検査を経て中絶手術を受けなければなりませんので、妊娠15週までには検査を受けておいた方がよいでしょう。

新型出生前診断にはどんなリスクがあるの?

出生前診断にはいくつか種類がありますが、その中でも新型出生前診断(NIPT)は胎児に染色体異常があるかどうかを調べる非確定検査と呼ばれる検査です。新型出生前診断は妊娠10週目くらいから検査を実施することが可能なので、早くから胎児の状態を把握するには最適な検査といえます。しかし非確定検査と聞くとその精度に不安を覚える方が少なくありませんが、NIPTは従来の非確定検査に比べても非常に精度が高く、検査における感度は99%以上と正確な診断が可能な検査です。NIPTはお母さんの血液中にある胎児の染色体のかけらを検査するため、採血採取のみで結果が分かります。羊水検査のような確定検査と呼ばれる検査では、お腹に針を刺して診断が行われるため胎児流産などのリスクもゼロではありません。NIPTでは血液採取のみとなっているので、母体にも胎児にもリスクになることなく染色体異常の有無を調べることが出来るので安心です。

NIPTの参考サイト

新型出生前診断